MENU

くせ毛はどうしてなってしまうのか

髪がうねったりまっすぐならず曲がって伸びるときシャンプーで改善できること、できないことがあって、改善しないのは遺伝が問題のことが多いです。

 

髪色、髪質はDNAにより遺伝して、ここで個人の状態が遺伝かそうじゃないかと言っても、誰から受け継ぐかそうでないかは専門的遺伝学の話になります。

 

ストレートにしたければ無理やりパーマするしかないですが、何度もパーマをあてることはリスクが大きく美容師に相談し髪の状況に合うヘアスタイルを考えてみてください。

 

シャンプーで改善するのは後天的くせ毛の場合で、まずシャンプーやケアの方法に問題があったりします。

 

加齢で髪が細くなったり紫外線による髪の水分不足だったり、過度な汚れによって毛穴が詰まっていたり。

 

髪は3つの材料で作られてますが、水、脂肪は紫外線、ドライヤー熱はパーマで失われやすいです。

 

そして老化は栄養不足で毛が細くなります。こうなれば髪にはりがなくなりまっすぐ伸びないで曲がったまま伸びてきます。

 

 

そして最後に皮脂、汚れで髪が細くなってるときは、毛穴目詰まりできれいな円形の髪が生えてきません。

 

毛穴た狭くて楕円形になるのです。これではうねりやすくなってしまいます。

 

頭皮汚れをしっかり落とし時肌に潤いを与えることが大事。なるべく髪のダメージ用シャンプーより頭皮ケアシャンプーを利用してみてください。

 

血行不良や成長に伴う変化などいろいろな原因がくせ毛に関与しており、その1つに頭皮汚れがあって髪の毛がウエーブ上になって、しなやかさが失われたりします。

 

そのため毎日一生懸命シャンプーしてる方が少ないですが、いくらやっても全くよくならないと嘆いてる方も多いです。